5月8日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル上昇、トランプ大統領はイラン核合意離脱を表明

  8日のニューヨーク外国為替市場で、ドルは上昇。トランプ米大統領がイラン核合意からの離脱と同国に対する経済制裁の再開を表明する中でドルは堅調を維持した。

  ドルは主要10通貨の大半に対して値上がり。スイス・フランとスウェーデン・クローナに対してのみ小幅に下げた。ブルームバーグのドル指数は午前中に一時、年初来高値を更新する場面があった。

  ユーロは下落。対ドルで年初来安値を更新する場面があった。再選挙実施の見通しからイタリア国債が大幅安となるなど、周辺国を巡り懸念が広がった。 

  ニューヨーク時間午後4時55分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%高。ユーロは対ドルで0.5%安の1ユーロ=1.1866ドル。ドルは対円で0.1%未満上昇の1ドル=109円14銭。

  この日は資源国通貨が低調な展開。オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、カナダ・ドルは全て米ドルに対して値下がりした。原油市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が下落した。

欧州時間の取引

  欧州時間もドルは上昇。米国によるイラン核合意離脱を巡り不透明感が広がる中で、ドルが買われた。
原題:Dollar Maintains Gain After Trump Exits Iran Deal: Inside G-10(抜粋)
Dollar Extends Rally Before Trump’s Iran Deal Call: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:S&Pと原油下落、米はイラン合意離脱へ

  8日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小反落した一方、ダウ工業株30種平均は下げを埋めた。米国はイラン核合意から離脱するとトランプ大統領が発表し、地政学リスク増大につながるとの懸念が高まった。米原油先物は大幅反落。イランを巡る動向がエネルギー供給に与える影響見極めで、値動きの荒い取引だった。

  • 米国株はS&P小反落、公益事業株下げるも銀行株は上昇
  • 米国債は下落、10年債利回り3%にまた接近
  • NY原油は大幅反落、米のイラン核合意離脱発表後に下げ幅縮小
  • NY金は小動き、米がイラン核合意離脱決定との報道やドル高が材料

  公益事業株や電気通信サービス銘柄が特に売られ、S&P500種を押し下げた。米国債相場は下落。4%への10年債利回り上昇に備えるのが賢明だとJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)が述べた後、10年債利回りが3%に向け再び上昇した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%未満下げて2671.92。ダウ工業株30種平均は2.89ドル(0.1%未満)上げて24360.21ドル。ニューヨーク時間午後4時40分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.97%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅反落。米国がイラン核合意を離脱し、対イラン制裁を再開するとトランプ大統領が発表した後、下げ幅を縮めた。一時は4.4%安まで売られていた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は1.67ドル(2.4%)安の1バレル=69.06ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント7月限は1.32ドル安の74.85ドルで終えた。

  ニューヨーク金先物相場は小動き。ドル上昇のほか、トランプ米大統領がイラン核合意の離脱を決めたとの報道が材料視された。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.1%未満下げ、1オンス=1313.70ドルで終了した。

  米国によるイラン制裁再開は、イラン産原油の供給途絶や中東情勢の不安定化を招く可能性がある。

  ブリンマー・トラストのアーニー・セシリア最高投資責任者 (CIO)はイランを巡る米発表に関し、「発表は事前予告されており、一大サプライズというわけではなかったと思う。ただ若干意外な印象があったのは、その他のいわば選択肢をあまり多く残さなかったことだ」とし、トランプ大統領は予想されたほど「曖昧さがなく、かなり率直だった」と話した。

  米国債は米のイラン核合意離脱発表を手掛かりに、引けにかけて下げ幅を縮小。安全逃避の動きで、10年債利回りが2.96%を割り込む場面もあった。
原題:Stocks Mixed After Iran Announcement; Dollar Gains: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Pare Losses Into Close; Trump Confirms Iran Deal Exit(抜粋)
Oil Rebounds as Trump Dumps Iran Deal, Promises New Sanctions(抜粋)
PRECIOUS: Gold Little Changed as Traders Weigh Dollar, Iran(抜粋)

◎欧州債:イタリア債が大幅安、再選挙実施見通しで

  8日の欧州債市場では、イタリア国債が大幅安。再選挙実施の見通しが強まり、最近縮小していたドイツ債とのスプレッドは再び拡大に向かった。英国債は先物が下値支持水準を割り込み、アンダーパフォームした。

  イタリア10年債利回りはおよそ10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、3月28日以来の1.87%に達した。イタリアは週後半に国債を発行する見通し。

  ドイツ債は午後に大口のブロック取引が入り、米10年債とのスプレッドが縮小。それまでは拡大していた。

  欧州諸国の短期債と長期債の利回り曲線は軒並みスティープ化、2年債と10年債のスプレッド拡大が特に目立った。
原題:BTP Yields Surge, Gilts Underperform; End of Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE