中国の習主席と北朝鮮の金委員長が会談-米大統領は習主席と電話へ

  • 中朝首脳の会談はここ2カ月弱で2回目だった
  • トランプ大統領はワシントン時間午前8時30分から習主席と電話会談

中国の習近平国家主席はここ2日の間に、港湾都市の大連で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した。中朝首脳の会談は2カ月弱で2回目。

  金委員長は3月下旬に北京を電撃訪問していた。この訪中は2日間で、報道されている限りでは2011年の最高指導者就任後で初めての海外訪問だった。金委員長は4月27日に韓国の文在寅大統領と会談し、トランプ米大統領とも恐らく来月会談する見込み。

  トランプ大統領は8日ツイッターで、ワシントン時間午前8時30分から習主席と電話会談すると明らかにした。

  中国国営の新華社通信によると、金委員長は習主席に朝鮮半島情勢について伝え、「中朝の対話と協力を強化」することを呼び掛けた。

  金委員長は「当事国が北朝鮮に対する敵対的政策と安全保障への脅威を取り除く限り、北朝鮮は核兵器を持つ必要がなく、非核化は実現可能だ」と発言。習主席は金委員長と3月に会談して以来、「前向きな進展があった」と評価し、「私はこれを喜ばしく思う」と述べたという。

原題:China’s Xi Meets Kim Jong Un for Second Time in Two Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE