バリューアクト、シティグループ株を1300億円相当保有

  • この4-5カ月で買い増し、持ち分拡大を続けている
  • 2年間で500億ドルの現金を容易に株主に還元できると指摘

アクティビスト(物言う株主)ファンドの米バリューアクト・キャピタル・マネジメントが、米シティグループの株式を追加取得し、12億ドル(約1300億円)相当を保有していることが分かった。金融セクター全体に対してパフォーマンスで出遅れてきたシティが、多国籍企業の運営に必要なサービスを提供することで成功に向けた好位置にあると指摘している。

  ジェフ・ユーベン氏率いるヘッジファンドのバリューアクトは、シティ株を7500万ドル相当取得したことを2月に開示していたが、ブルームバーグが入手した四半期ごとの投資家宛て書簡によると、この4-5カ月でさらに買い増し、持ち分の拡大を続けている。

  バリューアクトは、シティが利益成長目標の達成能力に影響を及ぼすことなく、向こう2年間で約500億ドルに上るフリーキャッシュフローを配当や自社株買いで株主に容易に還元できるとし、これ以外にさらに年間180億-200億ドル相当の資本を還元する能力があると指摘した。

  シティの広報担当ジェニファー・ローニー氏は、「バリューアクトとは建設的な対話をしており、投資家として歓迎する」と電子メールでコメントした。バリューアクトの担当者はコメントを控えている。

原題:ValueAct Builds $1.2 Billion Stake in Undervalued Citigroup(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE