JPモルガンCEO:中国人民元、ドルに匹敵は20、30年後

  • 自由に証券を売買できる能力確立した債券市場の改革が極めて重要
  • 交換性を持つ通貨は「相当先のこと」-ダイモンCEO

中国人民元がドルに肩を並べる前に、中国は国内金融市場の開放や元相場の規制緩和に向けた数多くの改革がなお必要だ。米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)がこうした見方を示した。

  ダイモンCEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、人民元が今後台頭し、世界の金融システムでドルに肩を並べる役割を担うのか問われ、「最終的には匹敵し得る。最終的というのは20年、あるいは30年だ」と述べた。同時に「交換性がなければ対等にはならない」とも指摘した。

  「法の支配」や自由に証券を取引できる能力を確立した債券市場の改革が極めて重要になるとダイモン氏は指摘。さらに、交換性を持つ通貨は「相当先のことだ」とコメントした。

ジェイミー・ダイモンCEO

撮影: Giulia Marchi/Bloomberg

原題:Dimon Says China’s Yuan May Rival the Dollar’s Role in 20 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE