欧州でディーゼル車販売撤退の動き、日産自の次はホンダとマツダか

From
  • 日産自、ディーゼルエンジン搭載の乗用車販売から段階的に撤退へ
  • マツダとホンダの2社が有力候補-ブラッツェル氏

Nissan Motor Co. signage

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

欧州でディーゼルエンジン車販売から撤退する日産自動車の判断を受け、これに追随するメーカーがさらに増えそうだ。

  日産自は7日、電気自動車の販売拡大に重点をシフトする中、モデルチェンジのタイミングでディーゼルエンジン搭載の乗用車販売から段階的に撤退する方針を明らかにした。トヨタ自動車も3月にディーゼル乗用車の販売を順次やめる方針を示している。ドイツのフォルクスワーゲンによる排ガス不正問題が2015年9月に明らかになって以降、ディーゼル車の消費者需要は落ち込んでいる。
  
  独ベルギッシュ・グラートバッハ応用科学大学自動車研究センターのシュテファン・ブラッツェル所長は「日本勢は当初からディーゼル技術に懐疑的な見方が強かったため、この分野はそれほど強くない」と述べた上で、日産自に追随するメーカーとしてホンダとマツダの2社を有力候補に挙げた。
    

Deserting Diesel

European consumers move to gasoline cars as they worry about driving bans

Source: European Automobile Manufacturers Association

原題:Three’s a Trend: More EU Diesel Exits to Follow Nissan, Toyota(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE