コンテンツにスキップする
Photographer: THOMAS COEX/AFP

トランプ大統領、エルサレムへの米大使館移転の記念式典は欠席へ

  • 式典に出席する代表団にはイバンカ夫妻らが名を連ねる
  • 米国の大使館はこれまで大半の国と同様テルアビブに置かれてきた
TOPSHOT - Two persons watch the sun setting on the Old City of Jerusalem, with the Muslim mosque of the Dome of the Rock in the center, on January 23, 2017. / AFP / THOMAS COEX (Photo credit should read THOMAS COEX/AFP/Getty Images)
Photographer: THOMAS COEX/AFP

トランプ米大統領は来週、エルサレムへの大使館移転を記念する式典に出席せず、娘のイバンカ・トランプ氏やその夫で上級顧問を務めるジャレッド・クシュナー氏らそうそうたる顔ぶれで構成される代表団を送り込む方針だ。

  ホワイトハウスの7日の発表によると、代表団はサリバン米国務副長官が率い、ムニューシン米財務長官やフリードマン駐イスラエル米大使、トランプ政権で中東和平交渉を担うグリーンブラット外交交渉特別代表も名を連ねている。

  トランプ大統領は以前、大使館移転の記念式典出席に意欲を示していた。各国首脳から和平の取り組みを損ないかねず抗議行動を招くとの警告を受けたものの、同大統領はエルサレムへの移転を決めた。大半の国はこれまで歴史的にテルアビブに大使館を置いており、米国も同様だった。

原題:Trump Plans to Skip Opening of New U.S. Embassy in Jerusalem(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE