アイカーン、ディーソン両氏:1株40ドルのゼロックス買収案なら検討

  • 物言う投資家2人はCEO解任をあらためて要求
  • ゼロックス経営陣刷新に向けた取り組みで株主に書簡

物言う株主、カール・アイカーン、 ダーウィン・ディーソン両氏は7日のゼロックス株主宛て書簡で、同社への1株当たり現金40ドル以上の買収提案なら自分たちは検討するだろうと述べ、ゼロックス経営陣刷新を求める取り組みを継続した。

  共に資産家である両氏は同書簡で再び、富士フイルムホールディングス(HD)によるゼロックス買収合意の破棄とジェイコブソン最高経営責任者(CEO)の解任、ジョン・ビセンティン氏のCEO起用、取締役辞任を求めた。

  両氏は書簡で、「われわれの意図に関する臆測を解消するため、われわれは全額現金での1株当たり最低40ドルの提案ならわれわれは真剣に検討する必要があるだろうと自信を持って言う」とし、「われわれはまた、ジョン・ビセンティン氏をCEOとし、それを平穏な新取締役会が支える独立したゼロックスに、同等ないしそれ以上の価値が生じる可能性があるとみている」と説明した。

  1株当たり40ドルはゼロックスの現在の時価総額を約40%上回る水準。7日の株価終値は0.3%高の28.46ドル。

  ゼロックスの担当者はコメントを控えた。

  ゼロックスと物言う株主2人は、富士フHDによる61億ドル(約6650億円)でのゼロックス買収計画を巡り対立している。富士フHDによる買収に反対しているアイカーン、ディーソン両氏の持ち株比率は合わせて13%強。

  裁判所記録によれば、アイカーン、ディーソン両氏は7日、ディーソン氏がゼロックス取締役会を相手取って起こした訴訟でニューヨーク州裁判事が下した2つの暫定的差し止め命令を維持するため、1億5000万ドルの担保を差し入れた。

  アイカーン氏らは書簡で、「これは、死に体状態の取締役会がもはや、新たな取締役会メンバーを指名する株主の権利を否定できない可能性があることを意味する。株主には、個人的利益追求のため利益を生まない富士フHDとの取引に飛び付くのではなく、株主全員の価値拡大に取り組む新たな取締役を指名する権利がある」と述べた。

原題:Icahn, Deason Say They’d Consider a $40-a-Share Bid for Xerox(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE