バフェット、ゲイツ両氏はビットコインに冷淡-1万ドル手前で失速

ビル・ゲイツ氏

Photographer: David Williams/Bloomberg
Photographer: David Williams/Bloomberg

世界の長者番付で常連の米資産家2人から、ビットコインに対する冷ややかな発言が相次いだ。

  ビル・ゲイツ氏はCNBCのインタビューで7日、「簡単な方法があるなら、ショート(売り持ち)にしたいところだ」と述べた。ゲイツ氏は過去に誕生日プレゼントとしてビットコインを受け取ったが、数年後に売却したとし、「資産クラスとして、何の価値も生まない」と語った。

  これとは別に、米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長は5日に開かれた同社の株主総会で、ビットコインには「おそらく殺鼠(さっそ)剤を二乗した殺傷力がある」だと語った。

  こうした発言はビットコイン相場への重しとなった可能性がある。7日午前の米市場ではビットコインが4営業日ぶりに下落、一時は前営業日比5.3%安9173ドルを付けた。4週間前につけた直近の安値6500ドルからは約50%持ち直したがその後は失速し、1万ドル回復を果たせていない。

  バフェット氏による今回の発言は、2014年にビットコインをさっそ剤に例え「有害な毒」と述べたチャールズ・マンガー氏(バークシャー副会長)に同調するもの。一方でゲイツ氏は4年前、ビットコインには「期待で胸が躍る」と語り、楽観的な姿勢だった。

原題:Buffett, Gates Are Latest Bitcoin Critics, Halting $10,000 Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE