きょうの国内市況(5月7日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●TOPIX3日ぶり小反発、市況高の石油や内需株堅調-金融下落重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は、TOPIXが3営業日ぶりに小幅反発。海外原油市況の上昇を材料に石油や鉱業株が高く、電力やサービス、陸運株など内需セクターも堅調。半面、米国長期金利の上昇力が鈍っているほか、アナリストの投資判断引き下げの影響で保険、証券など金融株は安い。

  TOPIXの終値は前営業日比1.66ポイント(0.1%)高の1773.18。日経平均株価は5円62銭(0.03%)安の2万2467円16銭と小幅に続落。

  りそな銀行アセットマネジメント部の下出衛チーフストラテジストは、「決算発表の結果を見極めたいと様子見姿勢が強く、方向感が定まらない中、為替市場の動きに合わせ気迷い状況にある」と指摘。ただし、米国で長期金利が3%を超えず横ばいで推移し、雇用も堅調な中、賃金の伸びは緩やかで、「株式市場にとって都合の良い『適温相場』のシナリオが描きやすい。景気拡大は続いており、下値は固い」との見方も示した。

  東証1部33業種は証券・商品先物取引、保険、海運、精密機器、空運、繊維、卸売、その他金融、輸送用機器など16業種が下落。上昇は電気・ガス、石油・石炭製品、鉄鋼、その他製品、鉱業、不動産、陸運、サービスなど17業種。

  売買代金上位では、大和証券が目標株価を上げた第一三共、野村証券が買い判断に上げたヤマハが大きく上げ、東京電力ホールディングスやヤフー、資生堂も高い。半面、今期の営業増益率が減速する見通しの日本ライフラインが急落。大和証券が判断を1段階下げた野村ホールディングス、ゴールドマン・サックス証券が判断を中立に下げたルネサスエレクトロニクスも安い。

  東証1部の売買高は14億7596万株、売買代金は2兆3644億円。値上がり銘柄数は1212、値下がりは771。

●債券先物が小幅高、日銀オペ巡る好需給観測で-10年入札控え上値限定

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では先物が小幅高。日本銀行の長期国債買い入れオペを巡り、好需給環境が継続するとの観測が相場を支えた。一方、あすの10年利付国債入札を控えて上値は限定的となった。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前営業日比5銭高の150円88銭で取引を開始。午前の取引で一時150円91銭まで上昇したものの、午後から上値がやや重い展開となり、結局は3銭高の150円86銭で引けた。

  メリルリンチ日本証券の大崎秀一チーフ金利ストラテジストは、「1月の日銀オペ減額後の円高進行でステルステーパリングの限界が意識されており、ドル・円相場が1ドル=110円を確実に超えてこないと機動的に減額をしにくくなっている」と指摘。「超長期ゾーンのフラット化が進行する局面でも減額ができないということが市場に見透かされている面がある」とし、国債発行額が減っている中で、日銀が買い入れを減らさないのであれば、円債の需給は引き締まる傾向にならざるを得ないとみる。

  現物債市場は取引に慎重な展開。長期金利の指標となる新発10年物国債の350回債は午後に入り取引が成立、日本相互証券が公表した前営業日午後3時時点の参照値から横ばいの0.04%の利回りで寄り付き、その後も同水準で推移した。超長期債は下落。新発20年物の164回債利回りは0.52%、新発30年物58回債利回りは0.73%、新発40年物の10回債利回りは0.855%と、それぞれ0.5ベーシスポイント(bp)上昇した。

  日銀はこの日、残存期間1年超5年以下と10年超の長期国債買い入れオペを実施した。買い入れ通知額は1-3年が2500億円、3-5年が3300億円、10-25年が1900億円、25年超が700億円とそれぞれ前回から据え置かれた。応札倍率は1-3年が前回から低下した一方、その他のゾーンでは上昇した。

●ドル109円前半、上昇相場に一服感との声-午前売り優勢で午後に戻す

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は1ドル=109円台前半で推移。3月下旬からのドル高相場に一服感が出て、午前はドル売り優勢で下げたが、午後の取引後半にかけて前週末の高値付近まで戻した。

  ドル・円相場は午後3時14分現在、前週末比0.1%高の109円23銭。午前は株安を背景に108円76銭まで下落。午後は徐々に下落幅を縮小し、109円25銭まで戻す場面があった。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、0.1%高の1157.08。前週末4日には一時1158.61と1月10日以来の高水準を付けた。

  ステート・ストリート銀行の若林徳広在日代表兼東京支店長は、ドル・円について、「この戻り売りはテクニカル的に仕方がないと思う」と指摘した上で、「109-110円のレンジで、米連邦準備制度理事会(FRB)要人発言などの材料を待っている状況。109円割れで買って110円台で売るという感じになっていると思う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE