バフェット氏信頼の運用担当者、S&P500種を「若干」上回る成績

  • コームズ氏とウェシュラー氏、合計約2兆7300億円を運用
  • 入社からほぼ同様の運用成績、追加報酬も受け取る-バフェット氏

バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長

Photographer: David Williams/Bloomberg
Photographer: David Williams/Bloomberg

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長は、同社の資産運用を担当するトッド・コームズ、テッド・ウェシュラー両氏について、入社以来いずれもS&P500種株価指数を「若干」上回る成績を収めていることを明らかにした。

  ネブラスカ州オマハで5日に開催された株主総会でバフェット氏は、両氏は合計約250億ドル(約2兆7300億円)を運用しており、入社からほぼ同様のパフォーマンスを上げていると説明。コームズ氏は2010年遅くに入社、ウェシュラー氏はその約1年後に加わっている。バフェット氏によると、両氏のパフォーマンスはS&P500種株価指数におおむね一致しているものの、同指数を上回った場合にのみ支払われる報酬を両氏は受け取っているという。

  バフェット氏は「私が運用するよりも成績が良いので、当然批判はできない」と語った。バークシャーの株主は、50年間にわたりS&P500種を大きく上回るパフォーマンスを上げてきたバフェット氏(87)が引退した後の同社の姿を見通すため、2人のパフォーマンスを注意深く見守っている。

  コームズ、ウェシュラー両氏の年間投資成績を開示する計画はないと述べたバフェット氏は、2人の会社への貢献を称賛した。両氏は年間100万ドルの給与に加え、3年間にポートフォリオのパフォーマンスがS&P500種を上回った分の10%を受け取ることを、12年の年次総会でバフェット氏は明らかにしている。

原題:Buffett Says His Star Stock Pickers ‘Slightly’ Beat the S&P 500(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE