出光興産やシーメンスが関心-ベトナムが進めるエネルギー資産売却

  • PVオイルが出光興産やSKエナジーと協議中-ヴォン次官
  • PVパワーは独シーメンスやラチャブリなどと協議

ベトナムで進行中の大規模な国有資産売却を巡り、ドイツや日本、インドなどの企業が関心を示している。

  ベトナム商工省のホアン・クオック・ヴォン次官は3日のハノイでのインタビューで、同国政府は国内最大級のエネルギー企業の一部に対して海外から投資を求めていると述べた上で、これに独シーメンスや出光興産、インド石油など複数の企業が興味を示していることを明らかにした。「海外投資家を見つける手続きを積極的に進めて」いて、年内に案件をまとめる考えだという。資産売却のスケジュールはフック首相が設定したと付け加えた。

  ヴォン次官によると、現在進行中の案件は以下の通り:

  • ペトロベトナム・オイル(PVオイル)は、出光興産やSKエナジーと戦略的パートナーシップ締結に向け取り組む
  • ペトロベトナム・パワー(PVパワー)は、シーメンスやタイのラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング・ホールディング、韓国のテクワン・インダストリアルなどの海外投資家と主要株式取得を巡り協議
  • ビンソン石油精製・化学公社(BSR)は、インド石油と提携を協議。インド石油は資産精査を行っている 

Strengthening Growth

Vietnam's economy grew at the fastest pace since at least 2010

Source: Vietnam's General Statistics Office

   
  シーメンスはコメントを控えた。SKエナジー、テクワン、出光興産には4日にコメントを求めたが今のところ返答はない。インド石油の財務担当ディレクター、アルン・クマール・シャルマ氏は協議が進行中であることを認めた。ラチャブリは電子メールで、ベトナム投資の可能性を探っており、案件に関する詳細情報を待っていると答えた。

原題:Siemens, Idemitsu Among Suitors Drawn to Vietnam Energy Sell-Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE