トヨタ、カナダにSUV生産で14億加ドル投じる-連邦・州政府も支援

  • 450人の雇用創出を見込む、オンタリオ州で「RAV4」増産へ
  • カナダの連邦・州政府が総額2億2000万カナダ・ドルの支援

トヨタ自動車は同社のカナダ部門で、スポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」のガソリン車およびハイブリッド車(HV)の生産向けに14億カナダ・ドル(約1200億円)を投じる。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の不透明感が続く中での投資となる。

  トヨタのカナダ部門は4日午後、オンタリオ州ケンブリッジにある同社工場でカナダのトルドー首相とオンタリオ州のウィン首相が同席する中、投資計画を発表した。ケンブリッジとその近郊のウッドストック工場での今回の事業拡大は450人分の雇用を創出する予定で、連邦・州政府からそれぞれ1億1000万カナダ・ドルの支援を受ける。トヨタの両工場は現在約8000人を雇用しており、昨年の生産台数は60万台超だった。

  トルドー首相は、今回の投資により、カナダが北米におけるトヨタの最大のHV生産拠点になるとし、「カナダの自動車セクターにとって素晴らしい日だ」と述べた。

原題:Toyota Bets $1.1 Billion on SUVs in Canada With Trudeau Help (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE