コンテンツにスキップする

アリババ、2019年3月通期の売上高見通し60%増-市場予想を上回る

中国のアリババ・グループ・ホールディングは19年3月通期の売上高について、60%急増するとの見通しを示した。市場予想の42%増を上回った。同社は高い増収ペース維持を目指し、海外での事業拡大に加え、クラウドコンピューティングからスーパーマーケットに至る新事業に注力している。

  1-3月(第4四半期)決算では売上高が61%増の619億元(約1兆750億円)と、市場予想平均の590億元を上回った。

  一方、純利益は29%減少。支出が膨らんだことが響いた。中国でオンラインデリバリー事業を手掛ける餓了麼と東南アジアでオンラインショッピングサービスを展開するラザダ・グループの経営権取得により、アリババは中核事業が成熟する中で売上高が拡大しているが、営業マージンは1-3月期に15%と、前年同期の25%から低下した。

原題:Alibaba’s Outlook Tops Estimates as Spending Drives Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE