ユーロ圏:景気さらに軟化へ-PMIが速報から下方修正、前月下回る

  • 4月の総合PMI改定値は55.1、速報の55.2から下方修正
  • 3カ月連続で前月下回り2017年1月以来の低水準に

ユーロ圏経済の勢いは5月も軟化が続く公算だ。経済活動の拡大ペースが3カ月連続で鈍化したことを4月の指標が示した。

  IHSマークイットの4日の発表によると、4月の製造業とサービス業を合わせた経済活動を示すユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は55.1と、速報の55.2から下方修正され2017年1月以来の低水準となった。サービス業の指数が54.7に下方修正されたことが影響した。

  総合PMIはドイツとイタリア、スペインでも低下した。

原題:Euro-Area Economy In for More Weakness After April Slowdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE