独BMW:1-3月利益、予想上回る-利益率も向上

  • 利払い・税引き前利益は27億3000万ユーロ、予想25億8000万ユーロ
  • 自動車部門の利益率は9.7%に向上、前年同期は9.4%

世界2位の高級車メーカー、ドイツのBMWの1-3月(第1四半期)は、減収減益ながら利益がアナリスト予想を上回った。自動車事業の利益率も向上した。

  4日の決算発表によると、利払い・税引き前利益(EBIT)は前年同期比3.1%減の27億3000万ユーロ(約3600億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト5人の予想平均は25億8000万ユーロだった。売上高は5.1%減の227億ユーロ。

  ユーロ高や新技術投資が重しとなったものの、自動車部門の売上利益率は9.7%と前年同期の9.4%から向上した。

原題:BMW Boosts Automotive Returns Amid Technology Spending Pressure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE