アルゼンチン中銀、再び緊急利上げ-政策金利33.25%に

  • 4月27日にも3ポイントの利上げを実施していた
  • アルゼンチン、外貨準備の約10%をペソの下支えに費やす

アルゼンチン中央銀行は通貨ペソの急落に歯止めをかけるため、この1週間弱で2度目の利上げに踏み切った。こうした戦術は一時的な効果をもたらすにすぎないと、多くの投資家は指摘する。

  中銀は政策金利を3ポイント引き上げ33.25%とした。広報室が3日発表した。同中銀は4月27日にも緊急会合で同じ幅の利上げを実施していたが、それ以降にアルゼンチン・ペソは5%超値下がりしている。

  ブルティックの債券トレーダー、ホアキン・アルメイラ氏は追加利上げ後の1カ月物ペソ先物の反応が抑制されている状況に言及し、「利上げは必要だったが、市場はもっと要求しているようだ」と述べた。

  同中銀は今年に入って、外貨準備の約10%をペソの防衛に費やした。先週の43億ドル(約4690億円)もこれに含まれる。

原題:Argentina Central Bank Boosts Rate in Second Surprise Move (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE