テスラ:中国工場の建設地、7-9月にも発表-電池と車両工場併設か

From
  • 中国は外資の新エネ車メーカーに単独出資の工場設置認めると発表
  • 次の工場はバッテリー生産と自動車組み立てを担う-マスク氏

テスラは7-9月(第3四半期)にも中国での工場建設地を発表する計画だ。世界最大の電気自動車(EV)市場で、バッテリーとクロスオーバー「モデルY」など自動車の生産に向けて動く。

  テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は1-3月(第1四半期)決算を受けた2日の電話会議で、「モデルYについては次の四半期になるかもしれないが、第4四半期より遅くはならないだろう」と説明。「中国でのテスラ・ギガファクトリーの立地についても間もなく発表する見通しだ」と述べた。

  中国政府は外資の新エネルギー車メーカーに単独出資の工場設置を年内にも認めると先月発表しており、テスラは中国国内に工場を建設する計画を進めている。マスク氏は、次の工場はバッテリー生産と自動車の組み立てを担うと発言。テスラは現在、米カリフォルニア州で組立工場、隣接するネバダ州にバッテリー工場を設けている。

原題:Tesla to Unveil China Plant Location as Early as Third Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE