中国は米国の脅しに屈せず、貿易戦争に耐える力ある-政府高官

  • 3日からの北京での米中通商協議を控えて発言
  • 米国は公平な条件を求めて交渉とトランプ大統領はツイート

米中通商協議が3日から始まるのを控え、中国政府の高官は米国の脅しには屈しないと述べた。

  匿名を条件に語った同高官は、高度な製造技術確保に向けた長期的な取り組みの断念や貿易不均衡の是正など、米国が求める交渉の前提条件は受け入れないと明言。中国の独特な政治制度と中央集権的な指導体制は、貿易戦争に耐える力がより強いことを意味すると指摘した上で、核心的な利益で妥協せず、同協議のいかなる結果にも用意ができていると語った。

  米国務省の発表によると、ムニューシン財務長官を含む米代表団は3日午前、北京に到着した。中国側の当局者と会合し、夕食を共にする。4日もさらに協議し、同日夜に北京を離れる。予定されている記者会見の詳細は明らかにしなかった。

  トランプ大統領は3日、「われわれの素晴らしい金融チームは中国を訪問中で、貿易での公平な条件を求めて交渉しようとしている。あまり遠くない将来、習近平国家主席と会うことを楽しみにしている。われわれは常に良い(素晴らしい)関係を持つだろう」とツイートした。

原題:China Says Won’t Submit to U.S. Threats as Trade Talks Begin (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE