コンテンツにスキップする

【米国株・国債・商品】株下落、FOMC声明受け終盤に売り加速

更新日時
A pedestrian walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Wednesday, Sept. 6, 2017. Markets stabilized Wednesday, even as North Korean tensions continued to simmer, another hurricane tore through the Caribbean and a key member of the Fed resigned.
A pedestrian walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Wednesday, Sept. 6, 2017. Markets stabilized Wednesday, even as North Korean tensions continued to simmer, another hurricane tore through the Caribbean and a key member of the Fed resigned. Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
A pedestrian walks along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Wednesday, Sept. 6, 2017. Markets stabilized Wednesday, even as North Korean tensions continued to simmer, another hurricane tore through the Caribbean and a key member of the Fed resigned.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

2日の米株式相場は下落し、1週間ぶり安値。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明の解釈が進むにつれ、売りがかさんだ。

  • 米国株は下落、FOMC声明受けて慎重姿勢に
  • 米国債は小幅安-10年債利回り2.97%
  • NY原油は反発、イラン制裁の行方に注目
  • NY金現物は上昇、FOMC声明で利上げペース巡る警戒和らぐ

  S&P500種株価指数はこの日の安値付近で終了。朝方から軟調な展開で、FOMCの声明発表後に一時上昇する場面もあったが、その後再び下落し、終盤には下げが加速した。FOMCが漸進的な利上げを続けながらもインフレの若干の過熱を容認する可能性があるとの懸念が強まった。米10年債利回りは一時3%に接近する場面があった。

  S&P500種株価指数は前日比0.7%安の2635.67。ダウ工業株30種平均は174.07ドル(0.7%)下げて23924.98ドル。米国債市場では、ニューヨーク時間午後4時56分現在、10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満上昇の2.97%。  

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。2週間ぶりの大幅高となった。米国が対イラン制裁を再開する可能性に注目が集まった。FOMC声明を受けてドルが一時下落したことも支え。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は68セント(1%)高の1バレル=67.93ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント7月限は23セント上げて73.36ドル。

  ニューヨーク金スポット相場は上昇。FOMCはインフレが目標に近づいているとの認識を示したものの、漸進的な利上げ方針の変更は示唆しなかった。ニューヨーク時間午後2時6分現在、金スポット相場は0.5%高の1オンス=1310.88ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、FOMC声明公表前に0.1%安の1305.60ドルで終了していた。

  FOMC声明では、インフレ目標の箇所に「対称的な」との文言を加え、2%を上回ることを進んで容認する考えを示唆した可能性がある。

  プリンシパル・グローバル・インベスターズのシニアエコノミスト、ロビン・アンダーソン氏は「今週発表された政府の経済指標では、インフレ率が金融当局の2%目標に近づいていることが示された。声明での文言調整は、物価の上昇が当局の予想通りに展開しているとFOMCが認識したということだ」と分析。「インフレ率は2%を下回る水準で推移していたことから、この文言は、2%を若干上回る水準で少しの間推移することをFOMCが容認する可能性があることを示している」と続けた。

原題:U.S. Stocks Sag After Fed Report; Oil Rallies: Markets Wrap(抜粋)
Oil Advances as Iran Decision Looms and U.S. Dollar Weakens
PRECIOUS: Gold Rebounds as Iran Uncertainty Spurs Haven Demand
Gold Advances as Fed Inflation View Eases Concerns on Rates Pace

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE