スタンダードチャータード:1-3月業績予想付近-ROE目標に近づく

英銀スタンダードチャータードの1-3月(第1四半期)決算は、営業収入と税引き前利益がアナリスト予想にほぼ一致した。株主資本利益率(ROE)はビル・ウィンターズ最高経営責任者(CEO)が掲げる目標に近づいた。

  2日の香港証券取引所への届け出によると、営業収入は前年同期比7%増の39億ドル(約4300億円)とブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト4人の予想平均(39億5000万ドル)にほぼ一致した。

  法定税引き前利益は20%増の12億ドルとなりこちらもアナリスト予想に近かった。

  ROEは7.6%と前年同期の6.3%から上昇。同行は2016年に、ROEを18年末までに8%とし、20年までには10%とする目標を打ち出した。

原題:StanChart’s Winters Closes in on ROE Goal in Turnaround Sign (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE