中国人民銀、元の中心レート引き下げ-米国との通商協議を控え

米中の通商問題を協議するため複数の米政府高官が中国に到着するのを前に、中国人民銀行(中央銀行)は2日、人民元の中心レートをトレーダーやアナリストの予想以上に引き下げた。

  元の中心レートは1ドル=6.3670元に引き下げられた。これはブルームバーグが集計したトレーダーとアナリスト21人の予想平均(6.3610元)よりも元安水準。

  みずほ銀行のシニアFXストラテジスト、張建泰氏(香港在勤)は人民銀の措置について、必要な場合に「元の上昇余地を持てるよう、米国との通商協議前に先制して元を押し下げたいのかもしれない」と指摘した。

  人民元は北京で午前10時23分(日本時間同11時23分)現在、前日比0.4%安の6.3565元。香港市場でも0.3%下げている。

原題:China Is Weakening Its Currency Before U.S. Trade Talks Begin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE