コンテンツにスキップする

香港で定期預金の争奪戦激しく、金利3%の銀行も-HIBOR上昇で

  • 銀行間金利が上昇、銀行は資金調達の代替手段を探す必要に迫られる
  • 中信銀行国際は香港ドル3カ月物預金の新規顧客に年3%の金利

香港の銀行間で2920億米ドル(約32兆円)に上る定期預金の争奪戦が激しくなっている。短期資金調達コストの急上昇で香港の銀行は代替手段を探す必要に迫られている。

  今後見込まれる米追加利上げや新規株式公開(IPO)が相次ぐ可能性を先取りする形で、香港の銀行間金利は上昇している。スタンダードチャータードや中国工商銀行(アジア)などの銀行では、定期預金金利を2%超まで引き上げる動きが一部で出ている。中信銀行国際は香港ドル3カ月物預金に資金を振り向けた新規の預金者に対し、年3%もの金利を付けている。

  永隆銀行の預金部門責任者、ローレンス・クン氏(香港在勤)は電話取材に対し、「金利は上昇する一方であり、こうした傾向は今後も続くだろう」と指摘。「銀行は利上げサイクルを前にした資金調達に備えている」と話した。

  米金融当局が追加利上げを示唆しているほか、新たな上場制度の下で本土の主要テクノロジー企業の香港IPOも認められることになった。こうした要因は銀行システムから資金を吸収することになるため、銀行間の流動性はさらに逼迫(ひっぱく)する見通しだ。

Mirror Effect

  香港銀行間取引金利(HIBOR)3カ月物は4月30日、12営業日連続で上昇。2008年12月以来の高水準に達した。

  香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)のデータによると、銀行の定期預金残高は2月時点で2兆3000億香港ドル(約32兆円)と、少なくとも20年ぶりの大きさ。資金需要の拡大で各行はコスト上昇分を借り手に転嫁することができるため、銀行幹部は預金金利の上昇が利益を損ねるとは考えていない。

  スタンダードチャータード香港のリテールバンキング預金責任者、マシュー・マク氏は電話取材に、「銀行間金利が全般的に上昇する中、銀行は預金の受け入れを増やし、資金需要に対応しようとしている」と説明。「このため、預金金利を引き上げても必ずしもわれわれの利益に影響があるわけではない」と明かした。

Lending Jump

原題:Banks Scrambling for Hong Kong Deposits Push Rates as High as 3%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE