コンテンツにスキップする

ギリアド:1-3月の1株利益・売上高は予想下回る-株価下落

  • 決算発表後に株価は時間外取引で一時6%余り下げる
  • C型肝炎治療薬でアッヴィの製品との競争が激化

米バイオ医薬品メーカー、ギリアド・サイエンシズの1-3月(第1四半期)決算では、1株利益、売上高のいずれもアナリストの予想に届かなかった。発表を受け、同社の株価は時間外取引で一時6%余り下落した。

  1日の発表資料によると、1-3月期の売上高は51億ドル(約5600億円)。アナリストの予想平均は54億ドルだった。調整後の1株利益は1.48ドルで、アナリスト予想平均の1.66ドルを下回った。これを受け、ギリアドの株価は一時67.89ドルまで下げた。

  C型肝炎治療薬の売上高は10億5000万ドルに減少し、アナリスト予想平均の11億5000万ドルを下回った。ギリアドのC型肝炎治療薬は、アッヴィの製品との競争が激化している。アッヴィが先週明らかにしたC型肝炎治療薬の売上高は、予想を45%余り上回った。

Late-Trading Slump

原題:Clock Ticks for Gilead as Revenue, Earnings Per Share Fall Short(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE