アップルの売上高は予想上回る、iPhone伸びる

更新日時
  • 売上高は2015年以来最大の伸び、サービス収入31%増
  • アイフォーン販売台数は市場予想にほぼ一致、アップル株は急伸
Photographer: Michael Nagle

アップルが1日に発表した1-3月(第2四半期)の売上高と利益は、アナリスト予想を上回った。売上高の勢いが続くとの見通しも示したことから、主力の「iPhone(アイフォーン)」の需要を巡る懸念は和らいだ。

  同社はまた、株主への利益還元を拡大する計画を公表したほか、サービス収入が31%増加したことも明らかにした。

  決算発表を受けて同社株は時間外取引で3%上昇。1日の通常取引終値は169.10ドル。アップルの部品サプライヤーの株価も決算発表後に値上がりしている。

  1日の発表資料によると、1-3月期売上高は16%増の611億ドル(約6兆7100億円)となり、約2年ぶりの大幅増収となった。1株利益は2.73ドル。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は、売上高が609億ドル、1株利益が2.64ドルだった。

  4-6月(第3四半期)の売上高は515億-535億ドルの見通しで、市場予想を上回った。

  1-3月期のアイフォーン販売台数は5220万台と、前年同期比で2.9%増加。市場予想平均は5230万台だったが、投資家の一部はより少ない台数を予想していた。平均販売価格は728ドルで、アナリスト予想の740ドルを下回り、最上位機種「アイフォーンX(テン)」が昨年の発売時に一部で期待されていたほど好調ではなかったことを示唆した。

  ルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は今年、アイフォーンの1-3月期売上高が前年同期比で10%以上伸びるとの見通しを示していたが、実際にはその目標を容易に達成し、14%増加した。

  アイフォーン事業を巡る懸念が最近高まっていたのは、サプライヤーが高級機種の需要不振を報告し、スマートフォンブームの退潮が示唆されていたためだ。また、中国では一部消費者が高価格のアイフォーンを敬遠し、国内メーカーのOppo(オッポ)やVivo(ビボ)が市場シェアを伸ばしている。1日のアップルの決算発表によると、中国での売上高は前年同期比で21%増加となり、こうした懸念は緩和された。

  アイフォーンXは市場で発売されるトップクラスの機種。価格は999ドルからで、高過ぎると受け止める消費者もいる。アップルはさまざまな予算に対応するためアイフォーンの品ぞろえを広げており、3D顔認証などXの機能を備えた比較的低価格の新機種開発に取り組んでいる。

自社株買い

  ティム・クック最高経営責任者(CEO)はアイフォーンやサービス、「アップルウオッチ」などのウエアラブル端末の売上高が好調に伸びたと強調。アイフォーンXの価格の高さについては心配しておらず、「価値に見合った価格設定だ。次の10年に向けて最先端技術を多く採用した素晴らしい製品だ」とインタビューで語った。マエストリCFOはアイフォーンXが1-3月期のベストセラーモデルだったことを明らかにした。

iPhones Sold by Quarter

Apple set a second-quarter record in 2015 with 61 million sold

Source: Company data

  アップルは1日、自社株買い戻しに追加で1000億ドルを投じる方針も表明。4-6月期中に完了する2100億ドル相当の買い戻しプログラムに上積みする。また、四半期配当を63セントから73セントに増やすことも発表した。

原題:Apple Tops Sales Estimates on Services Surge, IPhone Gains (3)(抜粋)

(アイフォーン売上高やクックCEOの見解などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE