米マリオット・バケーションズ、同業ILGを約5100億円で買収へ

  • タイムシェアの高級バケーションリゾート運営で業界最大手に
  • ILGは昨年来、同業との合併求める物言う株主の圧力を浴びていた

米バケーションサービスのマリオット・バケーションズ・ワールドワイドは30日、同業のILGを現金と株式交換を通じて総額約47億ドル(約5100億円)で買収することで合意したと発表した。実現すれば、タイムシェア(不動産所有権付きのリゾート会員権)の高級バケーションリゾート運営の業界最大手となる。

  発表資料によると、ILG株主は1株につき現金14.75ドルとマリオット・バケーションズ普通株0.165株を受け取る。買収額は27日の株価終値に約13%上乗せした金額に相当する。買収に伴い2年以内に年7500万ドルのコスト削減が見込まれている。

  ILGは昨年来、競合他社との合併を求めるアクティビスト(物言う株主)の圧力に直面していた。昨年5月、フロントフォー・キャピタルはILG発行済み株式の2%を取得したことを明らかにするとともに、マリオット・バケーションズとの合併を求めた。

Merger Math

A combination of the two timeshare operators creates a larger company that will be closer in size to industry leader Wyndham Worldwide.

Source: Company presentation

  統合新会社は買収完了後、マリオット、リッツ・カールトン、シェラトン、ウェスティン、セント・リージス、ハイアットの名前を冠した7つのタイムシェア高級バケーションリゾートのライセンスを世界的に保有することになる。両社合わせた売上高は29億ドル。

原題:Marriott Vacations Agrees to Buy ILG for About $4.7 Billion (2)(抜粋)

(Updates with comments from FrontFour, Marriott Vacations CEO starting in seventh paragaph.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE