ゴールドマン株式デスクに生身のトレーダー3人-昔は500人

  • ゴールドマンはエンジニア9000人を雇用し、規制専門の行員も増えた
  • 機械学習と市場がどのように機能するかの予測に莫大な投資を行う
Goldman Sachs Photographer: Jin Lee

ウォール街の多くのトレーダーが、機械が自分に取って代わる未来を恐れているが、米銀ゴールドマン・サックス・グループのある部門では、それは既に現実だ。

  ゴールドマンのデービッド・ソロモン社長は、米カリフォルニア州ビバリーヒルズで4月30日に開かれたミルケン研究所のグローバルコンファレンスで、「株式トレーディングの場合、われわれは15-20年前にはマーケットメーク(値付け業務)で500人を抱えていたが、今では3人だ」と語った。

  ソロモン社長は、トレーディングビジネスにより多くのテクノロジーが導入された結果、顧客にとって効率が改善される一方、新たなリスクがもたらされたと指摘。ゴールドマンにとって、それは人員構成の変化につながり、今では9000人のエンジニアを雇用し、規制を専門とする行員の数も増えたと説明した。

  ソロモン氏はその上で、ゴールドマンが「マシンラーニング(機械学習)と、市場がどのように機能するかを巡る過去の経験に基づく予測に莫大(ばくだい)な投資」を行っていると述べ、スピードが「資本よりはるかに重要」になっているとの認識を示した。

ブルームバーグテレビジョンのインタビューに答えるゴールドマンのデービッド・ソロモン社長

(出所:Bloomberg)

原題:Goldman Trading Desk That Once Had 500 People Is Down to Three(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE