「アベンジャーズ」最新作、世界・北米で記録破りの封切り

  • 世界では過去最高の6億4000万ドル強-北米は推計2億5770万ドル
  • 中国では5月11日公開-製作費は3億ドルとBI

週末の北米映画興行収入ランキングで、ウォルト・ディズニー傘下マーベルの「アベンジャー」シリーズ最新作が初登場1位となった。北米のみならず世界市場で封切り週末の記録を塗り替えた。

  「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の世界興行収入は過去最高の6億4000万ドル(約700億円)強。調査会社コムスコアが配布した4月30日の資料によれば、北米市場では推計2億5770万ドルを稼ぎ、約2億3000万ドルとの外部予想を上回った。

  中国を除くほぼ全世界で同日公開された同作品の海外収入は3億8270万ドル。中国では5月11日に封切りされる。

  ディズニーは当初、封切り直後3日間の興行収入予想を2億1000万ドルとしていたが、4月27日に2億2500万ドルに上方修正。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)によれば、同作品の製作費は3億ドルで、そのほか多額の資金がマーケティングに投じられた。

原題:Disney’s ‘Avengers’ Sets Record With $640 Million Debut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE