米朝首脳会談:トランプ大統領はDMZやシンガポール開催を検討

  • 非武装地帯で開催なら「素晴らしい祝典となる」-トランプ氏
  • これまでは候補地が2、3カ所に絞り込まれたと述べていた

Kim Jong Un, North Korea's leader, left, and Moon Jae-in, South Korea's president, walk along a red carpet together in the village of Panmunjom in the Demilitarized Zone (DMZ).

Source: KimSujin/Inter-Korean Summit Press Corps

トランプ米大統領は4月30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談の開催地について、朝鮮半島の非武装地帯(DMZ)あるいはシンガポールなどを米政権が検討していることを明らかにした。

  ホワイトハウスで開いたナイジェリアのブハリ大統領との共同記者会見で語った。米朝首脳会談の実現に楽観的見方を表明する一方で、成功しなかった場合は交渉の席を立つ考えをあらためて示した。

  トランプ大統領はDMZでの開催に関し「第3国ではなくそこでの開催が実現すれば素晴らしい祝典となる」と指摘。米政権がシンガポールなども候補地として考えているとも語った。

  同大統領は先に、候補地が2、3カ所に絞り込まれたと述べていた。また首脳会談が6月初めまでに開催されることを期待すると表明している。

原題:Trump Floats North Korea Summit in Demilitarized Zone, Singapore(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE