トランプ米大統領:イラン核合意からの離脱を計画と示唆 (訂正)

訂正済み
  • イランとの新たな合意に向け交渉を進める用意があるとも示唆した
  • イスラエル首相がイランの核兵器計画示す資料を保有と述べていた

トランプ米大統領は4月30日、イラン核合意からの離脱を計画していると示唆した。ただ、イランとの新たな合意に向け交渉を進める用意があるともほのめかした。

  核合意からの離脱の判断を5月12日までに下す見通しであるトランプ大統領は、「私がどうするかを言うつもりはないが、多くの人は自分は分かっていると思っている」と、ナイジェリア大統領とのホワイトハウスでの共同記者会見で発言。「われわれは判断を下すだろう。だからといって、真の合意を交渉しないというわけではない」と語った。

  同会見に先立ち、イスラエルのネタニヤフ首相は、イランに核兵器製造の極秘プログラムがあったことを示す同国の資料をイスラエルは大量に保有していると明らかにしていた。

原題:Trump Hints at U.S. Ending Iran Deal After Netanyahu Speech(抜粋)

(1日配信の記事で1段落を「イラン核合意」に訂正しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE