米中古住宅販売成約指数:3月は前月比0.4%上昇-予想下回る

更新日時
  • 3月の米中古住宅販売指数、市場予想は前月比0.7%上昇
  • 3月は季節調整前ベースの前年比では4.4%低下

全米不動産業者協会(NAR)が30日発表した3月の米中古住宅販売成約指数(季節調整済み)は、市場予想を下回る伸びにとどまった。また前月は下方修正された。

中古住宅販売成約指数のハイライト(3月)

  • 3月は前月比0.4%上昇(市場予想0.7%上昇)-前月は2.8%上昇(速報値3.1%上昇)
  • 季節調整前ベースの前年比では4.4%低下-前月は4.7%低下(速報値4.4%低下)


  NARのチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏は発表文で「堅調な景気情勢の下で旺盛な住宅購入需要が生まれているが、在庫の中の選択肢が不足しており全ての購入希望者が契約できているわけではない」と指摘。「購入希望者は値ごろ感のある住宅を見つけるのがますます困難になりつつある」と続けた。  

  地域別では北東部が5.6%低下。悪天候が影響した。西部も1.1%低下。一方で南部は2.5%上昇、中西部は2.4%上げた。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Pending Home Sales Increased Less Than Forecast in March(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE