4月27日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドル小反落、GDP後の買いは続かず-利回り低下で

  27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小反落。第1四半期の米実質国内総生産(GDP)速報値が予想を上回ったものの、買いは続かなかった。米国債利回りが2日連続で低下したことを嫌気し、取引終盤にこの日の安値を付けた。

  GDP発表後にドル指数は0.3%上昇したものの、下げに転じた。GDP速報値は前期比年率2.3%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値2%増を上回ったが、昨年第4四半期の2.9%増からは減速した。個人消費が減速した一方、設備投資が拡大した。

  第1四半期の米雇用コスト指数は前期比0.8%上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値0.7%上昇を上回った。

  ニューヨーク時間午後4時41分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。ドルは円に対して0.2%下落し1ドル=109円09銭。対ユーロでは0.2%安の1ユーロ=1.2131ドル。

  10年債利回りは一時2.953%と、今週の最低水準を付けた。

  ユーロはドルに対して3日ぶりに上昇。一時は1.2133ドルまで上昇した。メルケル独首相は欧州からの鉄鋼・アルミニウムに対する米国の関税賦課を巡り、トランプ米大統領から適用除外の継続について言質を得なかった。

  ドルは対円で一時109円54銭まで上昇。その後、ドルの全般的な軟調地合いを背景に108円98銭まで下落した。

欧州時間の取引

  米国以外の中央銀行は従来予想されていたよりも引き締めに向けた動きが鈍いとの見方から、ドル指数は今週の上げ幅を拡大する展開となった。
原題:Dollar Retreats to Daily Low as U.S. Yields Drop: Inside G-10(抜粋)
Dollar Gives Up Some Weekly Gains; Pound Sinks: Inside G-10(抜粋)
Dollar Set for Best Week in 17 Months, Pound Slumps: Inside G-10(抜粋)

◎米国株・国債・商品:S&P小幅続伸、ダウ反落-決算を意識

  27日の米株式市場ではS&P500種株価指数が3日続伸。予想を上回る企業決算が、経済成長ペース減速の兆候をかき消すのに十分かどうかを巡り、市場の見方は割れたままとなった。米国債相場は続伸し、10年債利回りが前日に続き下がった。

  • 米国株はS&P500が続伸、ダウは反落-成長ペースや企業決算を材料視
  • 米国債は続伸、長期債中心に上昇-10年債利回りは2.96%
  • NY原油は小反落、68ドル台維持-イラン核合意の行方に注目
  • NY金は反発、ドル下落で-週間ベースでは下げ

  主要株価指数は日中、前日終値を挟んで上下動を繰り返した。ダウ工業株30種平均は小反落で終えた。FTSEラッセルの世界市場調査担当マネジングディレクター、アレック・ヤング氏は「世界経済の成長が減速している兆しや金利の上昇、商品相場の上昇、貿易を巡る根強い不透明感が全て、利益率がピークをつけつつあるとの懸念を助長している」と電子メールで指摘した。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%高の2669.91。ダウ工業株30種平均は11.15ドル(0.1%)下げて24311.19ドル。ニューヨーク時間午後4時50分現在、米10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.96%。

  ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は小反落。イラン核合意に関する当局者発言が材料視され、狭い値幅で推移した。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比9セント(0.1%)安の1バレル=68.10ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント6月限は10セント下げて74.64ドル。

  ニューヨーク金先物相場は反発。ドルの下落が背景となった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.4%高の1オンス=1323.40ドルで終了。一方、週間ベースでは1.1%下げて2週続落。

  マイクロソフト、インテル、アマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手は、前日の好決算発表を受けて高く寄り付いたものの騰勢が持続せず、引けまでに上げ幅を失うか縮小した。S&P500情報技術指数は一時1%余り上昇していたが、午前のうちに下げに転じ、結局0.3%安で終えた。
原題:Stocks Close Higher as Growth Debated; Bonds Rise: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bull Flatten; Selloff Sparked by GDP and ECI Is Faded(抜粋)
Oil Stuck Near $68 as Questions Swirl Around Iran Nuclear Deal(抜粋)
PRECIOUS: Gold Rises, Paring Weekly Loss, as Dollar Gains Ebb(抜粋)

◎欧州債:英国債上昇、イングランド銀5月利上げ可能性が急低下

  27日の欧州債市場では、英国債が上げを主導。英国の1-3月国内総生産(GDP)はイングランド銀行(中央銀行)の利上げ可能性をほぼ消す内容だった。ユーロ圏中核国債も上昇した。

  • 英GDPの発表後、英国債は急伸。短期金融市場が織り込む5月利上げ確率は今や22%となった。3カ月物ポンド建てLiborは4.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し、2016年6月以来の下げ幅。英10年債利回りは5bp低下の1.45%
  • スペイン債では4月30日に160億ユーロの元本償還と約30億ユーロの利払いを実施する。決済期間が約定日の3営業日目であることを考慮すると、すでに再投資されている公算が大きい。イタリアは5月2日に約60億ユーロの利払いを予定。
    • 来週はドイツ、スペイン、フランスが債券を発行する
  • イタリア債はアンダーパフォーム。スタンパ紙は「同盟」のサルビーニ書記長がベルルスコーニ氏政党との中道右派連合を解消し、「五つ星運動」との連立に道を開く可能性があると報じたが、その後否定された
  • ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください

原題:Gilts Rally as May Hike Slides Out of View; End of Day, Curves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE