米アマゾン:日中の上場来高値を更新、文句付けがたい決算に称賛の声

インターネット小売り最大手、米アマゾン・ドット・コムの株価が27日の米市場で、日中取引の上場来高値を更新した。1-3月(第1四半期)に同社の利益率がここ約2年間で最も拡大したことが、アナリストに称賛されている。

  ジェフリーズは、予想を上回る業績に主要事業の全てが貢献したとした上で、クラウド部門アマゾン・ウェブ・サービシズや、「プライム」会員サービス、新興の広告事業に強い追い風が吹いていると指摘した。モルガン・スタンレーは、プライム会員の年会費を20ドル引き上げると発表した今、アマゾンの利益向上のスイッチが入ったと述べた。また、GBHインサイツのダニエル・アイブス氏は、1-3月は「アマゾンにとって完全な、ピカソのような四半期だった」と指摘した。

  アマゾン株は27日の通常取引開始直後に7.9%上昇し、過去最高値の1638.10ドルを付けた。米東部時間午前10時45分現在は、4.3%高の1582.69ドル。26日終値は1517.96ドルだった。
原題:Amazon Surges as Wall Street Is Stunned by Near-Perfect Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE