ドイツ銀の投資銀行業、ドミニオン株のブロック取引も打撃に-関係者

  • ドミニオン・エナジー株は3月に急落-MLP税控除一部撤回で
  • ドイツ銀はドミニオンの単独ブックランナーだった

ドイツ銀行の投資銀行業務にとって、米ドミニオン・エナジー・ミッドストリーム・パートナーズに関連した株式ブロック取引での1-3月(第1四半期)の損失も痛手だった。事情に詳しい関係者が明らかにした。同行は26日、不振の投資銀行事業を縮小すると発表した。

  ドイツ銀の株式オリジネーション収入は1-3月期に50%減少。同行はブロック取引における損失が響いたと説明した。関係者によれば、ドイツ銀が単独ブックランナーだったドミニオン・エナジー向けの2月のブロック取引に関連し、同行は約3800万ユーロ(約50億円)の打撃を受けた。

  ドミニオン・エナジーの株価は3月に急落。米連邦エネルギー規制委員会(FERC)が長く続けてきた方針を突然転換し、同社などマスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)形態の企業に対する税額控除の一部を撤廃したことが背景だ。

  ブルームバーグの集計データによれば、ドイツ銀は今年の株式発行業務で世界7位。同行のドミニオン・エナジー関連の損失はファイナンシャル・ニュースが26日、先に報じていた。

原題:Deutsche Bank Is Said to Lose $46 Million on Dominion Trade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE