米マテル:1-3月売上高、市場予想上回る-バービーけん引

米玩具メーカー、マテルが26日発表した1-3月(第1四半期)決算では、同社最大のブランド「バービー」の売上高が過去最大の伸びとなり、トイザラスの清算による影響を和らげた。

  トイザラス清算で失われた3000万ドルの売り上げを除いたベースでは、売上高は2%増。バービーがけん引した。バービーの売上高は24%増と2四半期連続で増加し、四半期ベースでは少なくとも部門別売上高の発表を開始した2009年以降で最大の伸びを記録した。

  マテル株はニューヨーク市場の通常取引終了後の時間外取引で一時5.5%上昇した。

Barbie Boom

Mattel's largest brand offered investors hope by growing 24 percent last quarter

Source: Mattel

  売上高は7億840万ドル(約770億円)と、アナリスト予想の6億8980万ドルを上回った。

  主にトイザラスに関連する一部項目を除いた調整後損益は、1株当たり60セントの赤字。アナリスト予想は同40セントの赤字だった。

  トイザラス清算で最大の打撃を受けた北米での売上高は5%減。同業のハズブロが先週発表した北米の売上高は19%減だった。

原題:Mattel’s Best Barbie Growth on Record Dulls Toys ‘R’ Us Hit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE