米アマゾンとインテルの決算でハイテク株高に弾み-時間外取引で上昇

  • 低調にスタートした決算発表シーズン、フェイスブック決算で好転
  • FANG銘柄の株式時価総額合計は26日通常取引で約870億ドル増加

ハイテク株相場の崩壊という報道は大げさだったようだ。

  ハイテク株に連動する上場投資信託(ETF)で最大の「パワーシェアーズQQQトラスト」はウエートが大きい米アマゾン・ドット・コムやインテルの好決算発表を受けて1.4%上昇。通常取引でもフェイスブックやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の好業績を追い風に2.1%値上がりしていた。

  26日の動きはハイテク株の回復力を鮮明にした。決算発表シーズンは低調なスタートを切り、グーグルの設備投資計画を巡る懸念で24日にFANGと呼ばれる主要ハイテク株の時価総額は850億ドル(約9兆2900億円)減少していた。しかしフェイスブックの決算で個人情報流出問題のダメージが見当たらなかったことから、ハイテク株の下げはその後2日間で完全に回復した。

  フェイスブックとアマゾン、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットの4社からなるFANG銘柄の株式時価総額合計は26日の通常取引で約870億ドル増加した。

原題:Amazon, Intel Earnings Boost Tech Momentum in Post-Market Surge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE