米大統領専属医のジャクソン氏、退役軍人省長官の指名を辞退

米退役軍人省長官候補に指名された大統領専属医のロニー・ジャクソン氏は26日、指名を辞退したことを明らかにした。上院の委員会は、同氏に不適切な行動があったとの疑惑を調査するため、予定していた指名公聴会を延期していた。

  ジャクソン氏は声明で、「このプロセスに入る上では、私は退役軍人への最善の対応方法に関する厳しい質問は想定していたが、私の性格や自尊心に対する根拠のない攻撃に対して威厳を保たなければならないことは想定しなかった」と説明。「私に対する疑惑は完全に誤りであり、でっち上げだ」と主張した。

  ジャクソン氏を巡っては、薬の不適切な処方や公務中の飲酒などの疑惑が浮上していた。

原題:Trump Nominee Jackson Pulls Out as Candidate for VA Secretary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE