ドイツ銀、米国の人員数10%余り削減を計画-関係者

  • 米国の人員数は約1万300人、全世界のほぼ1割
  • 今週400人ほどの米在勤の行員を解雇、最終的に1000人余り削減か

ドイツ銀行は米国での人員数を10%余り削減することを計画していると、計画について説明を受けた関係者が26日述べた。

  ドイツ銀は26日、投資銀行業務を縮小する計画を明らかにしたが、具体的な数字は示していなかった。同行は世界的な投資銀行になるという約20年来の野望に決別した。米国の人員数は約1万300人で、全世界のほぼ1割に当たる。

  詳細は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、ドイツ銀は今週400人ほどの米国在勤の行員を解雇した。かねてからの削減計画の一環とみられる。削減についてブルームバーグが2月に報じていた。計画は今後加速され、最終的には米国で1000人以上が削減される見込みだと関係者が述べた。

  ドイツ銀は26日、米国での業務を含め投資銀行事業を縮小する計画を発表した。削減の大半は2018年中に完了する見込みで、法人・投資銀行部門のフロント、ミドル、バックオフィスの業務にまたがるとしている。アジアでは現地事業を縮小するという。

  クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は人員削減数には言及しなかった。ジェームズ・フォンモルトケ最高財務責任者(CFO)によれば、今年の再編コストは8億ユーロ(約1060億円)と従来見積もりの5億ユーロから増える見込み。

  「こうした縮小は痛みを伴うが、銀行として、また顧客と投資家のために、収益力を維持しようと望むならば避けられないことだ」とゼービングCEOは発表文でコメントした。

  ドイツ銀は米国で、金利セールス・トレーディング業務とコーポレートファイナンス業務を縮小する計画。

フォンモルトケCFO

(出所:Bloomberg)

原題:Deutsche Bank Is Said to Plan to Cut U.S. Jobs by Over 10% (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE