ロシュ:通期増収率見通し上方修正-1~3月売上高は予想上回る

  • 「オクレバス」などの新しい製品が成長を後押し
  • 1-3月売上高は135億8000万フラン-市場予想133億2000万フラン

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングは26日、2018年12月期の通期売上高見通しを上方修正した。主力のがん治療薬以外の分野への注力が奏功し始めている。

  多発性硬化症の抗体薬「オクレバス」などの新しい製品が成長を後押しし、1-3月(第1四半期)の売上高は135億8000万スイス・フラン(約1兆5100億円)と、アナリスト予想(133億2000万フラン)を上回った。

  今年の売上高は為替変動の影響を除いたベースで1桁台前半の伸びを見込む。従来は横ばいから1桁台前半としていた。

原題:Roche Lifts Forecast as Bet Outside Cancer Starts to Pay Off (3)(抜粋)
Roche Raises 2018 Sales Growth Outlook to Low Single-Digit

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE