きょうの国内市況(4月26日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株反発、円安と好決算で電機買われる-東エレク、航空電子が急伸

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反発。米国長期金利の上昇を背景にした為替のドル高・円安基調や決算内容が好感され、電機株が東証1部33業種の上昇率トップ。個別では、今期利益計画が予想を上回った東京エレクトロンのほか、日本航空電子工業が急伸した。精密機器や食料品、保険株も高い。

  TOPIXの終値は前日比4.40ポイント(0.2%)高の1772.13、日経平均株価は104円29銭(0.5%)高の2万2319円61銭。

  アリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンの寺尾和之最高投資責任者は、「アジア株が下落する中、円安メリットで企業業績への恩恵が期待される日本株の魅力が高まり、海外投資家の買いを誘っている」と指摘。米金利の上昇は、「アジア企業のドル調達コスト増と資本流出を招きやすく、アジア経済にとってマイナス」としている。

  東証1部33業種は電機、食料品、倉庫・運輸、金属製品、精密機器、電気・ガス、保険、陸運などが20業種が上昇、下落は石油・石炭製品、鉄鋼、その他製品、非鉄金属、海運、銀行など。売買代金上位では、決算と新たな合併・買収(M&A)に関する説明会でみずほ証券が中期成長期待を再確認したと指摘した日本電産が高い。完全子会社化したコインチェックの増益を公表したマネックスグループはストップ高。半面、1ー3月期(第4四半期)利益の失速にメリルリンチ日本証券が懸念を示したJSRは急落。任天堂やエムスリー、スタートトゥデイも安い。

  東証1部の売買高は15億2037万株、売買代金は2兆7857億円と代金は前日から13%増えた。値上がり銘柄数は1243、値下がりは765だった。

●長期金利が上昇、米金利3%台維持を警戒-潜在需要強く下値は限定的

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券市場では長期ゾーンを中心に下落。長期金利は一時0.07%と約1カ月半ぶりの高水準を付けた。米10年国債利回りが3%台を維持して先高警戒感が根強く、売り圧力が掛かった。一方、利回りが上昇した局面では国内投資家の買い需要が控えているとの指摘も聞かれ、相場の下値は限定的だった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の350回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1ベーシスポイント(bp)高い0.065%で寄り付き、午後には一時0.07%と、3月2日以来の水準まで上昇した。その後は0.06%まで上昇幅を縮めた。

  SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジストは、「米金利のピークアウトがしっかり見えていない中で、円金利が入札時など節目の水準をあっさりブレークしたことでセンチメントが悪くなっている」と指摘。一方で、「国内投資家は金利上昇を待っていたので、米金利がピークアウトすれば、戻りはそれなりにある」とみる。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比14銭安の150円41銭で取引を開始。午後には一時150円39銭と、中心限月の日中取引ベースで2月7日以来の安値を付けた。その後は値を戻す展開となり、一時は150円60銭まで上昇。結局は1銭高の150円56銭で引けた。

  この日に実施された国庫短期証券3カ月物入札は、最高落札利回りがマイナス0.1358%と、前回のマイナス0.1744%から上昇した。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は4.30倍と前回の4.55倍を下回った。

●ドル109円前半、高値更新後は売り優勢で反落-米金利動向見極め

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は小反落し1ドル=109円台前半。前日の海外市場で米長期金利上昇につれてドルが買われた流れを引き継いで約2カ月半ぶりの高値を更新したが、利益確定とみられる売りなどに押され下落に転じた。

  午後3時1分現在、ドル・円は前日比0.1%安の109円33銭。朝方に109円47銭まで上昇し、2月8日以来のドル高・円安水準を付けた。その後は、若干水準を切り下げて一時109円25銭まで下落、午後はもみ合いが続いた。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は同時刻現在、ほぼ横ばい。

  外為オンライン情報サービス室の佐藤正和顧問は、「110円の節目を前に、現行水準で売れば利益が取れる」と説明。米長期金利ついては「3%に乗って、投資として魅力的な水準になっている。ある程度の買い戻しが入り、このまま3.3~3.5%へは行かないと思う」と述べた。

  ユーロ・ドル相場は同時刻現在、0.2%高の1ユーロ=1.2179ドル。前日に続き一時1.2160ドルと3月1日以来のユーロ安・ドル高水準を付けた後、小じっかりに推移。欧州中央銀行(ECB)はこの日、金融政策決定を発表し、ドラギ総裁が記者会見を行う。市場では金融政策の据え置きが見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE