Photographer: Andrew Harrer

人気の新興国通貨キャリートレード、ドル反発でリスクあらわに

  • 新興国通貨のキャリートレード指数、年初来のリターンを全て失う
  • 米短期債利回り急上昇でドル売りコスト増加-BNPのスネイド氏

ドル相場の反発により、これまで長く勝ち続けて人気だった新興国通貨を対象とする賭けの危険な側面があらわになっている。

  ドルを売って調達した新興国市場8通貨のキャリートレードのリターンを測るブルームバーグの通貨指数は、一時プラス4%まであった年初来のリターンが全て失われた。その原因はドル値上がりだ。

  金利の上昇やインフレ期待の高まり、欧州の成長モメンタムの鈍化をきっかけに、ブルームバーグ・ドル指数はこの3年余りの最低水準にあった2月半ばから約2.8%上昇した。

  BNPパリバの通貨ストラテジスト、マイケル・スネイド氏はリポートで、「米短期債利回りの急上昇でドル売りのコストが増えた」と指摘。「これだけで一部のショートカバーを誘発。新興国通貨にプレッシャーがかかり、最近のアンダーパフォームにつながっている」と説明した。

原題:One of the Hottest Short-Dollar Trades Just Fell Into the Red(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE