Photographer: Dimas Ardian

「おぞましい」高レバレッジと金利上昇、既に悪影響及ぼす-ソシエテ

  • 金利は既に被害を及ぼしている、気付いていないだけ-ラプソーン氏
  • 債務のボラティリティーは経済に影響を与えるとして懸念
Photographer: Dimas Ardian

長らく意識されてきた米10年債利回り3%突破の懸念がとうとう現実のものとなったと、ソシエテ・ジェネラルは言う。

  同社のクオンツ戦略グローバル責任者、アンドルー・ラプソーン氏は24日のインタビューで、「金利は既に被害を及ぼしている。人々がそれに気付いていないだけのことだ」と語った。借り入れ利用の「レバレッジは米国内で、景気循環のこの局面としてはおぞましい水準にある。現在はレバレッジがピークで資産価格もピーク。深く掘り下げなくても問題は見える」と指摘した。

  ソシエテが顧客と会話する際、最も頻出する話題は債券と株式の相関関係だが、現在のより大きな問題は企業のバランスシートを取り巻くリスクで、特に米国と中国で顕著という。ラプソーン氏は債務のボラティリティーを懸念。経済に影響を与えかねず、とりわけ事業活動や雇用市場に重しになるためだと説明した。トイザラスのような目を引く企業破綻が引き金になったり、企業の自社株買いが減れば、クレジット市場は不安定になりかねないと付け加えた。

  ラプソーン氏は金融市場の方向性についても懸念を表明。「経済成長というおなじみの押し上げ要因ではなく、バリュエーションの伸びが強気相場をけん引してきた」とした上で、ボラティリティーの上昇を背景に資産価格への信頼は損なわれつつあると述べた。

原題:‘Grotesque’ Leverage, Rising Rates Causing Damage, SocGen Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE