AT&T:1-3月は予想下回る-タイム・ワーナーの買収完了急務

  • 1株利益は一部項目除いたベースで85セント、株価は時間外で下落
  • 料金高めの衛星放送サービスで会員減少-ネット配信は増加

米AT&Tの1-3月(第1四半期)の売上高と利益はアナリスト予想を下回った。 タイム・ワーナー買収手続きの完了や多角的な大手メディア企業への転換を迫る圧力が高まりそうだ。

  25日の発表資料によると、1-3月期の1株利益は一部項目を除いたベースで85セントと、市場予想平均の88セントを下回った。株価は時間外取引で一時4.6%下落した。

  低調な結果は、衛星放送など料金が高めのサービスで会員が減少したことと、チャンネル数は減少しても低料金のネット配信サービスへのユーザーのシフトが要因。同社のエンターテインメント部門の売上高は前年同期比で8%減少した。今回の結果は携帯電話やTV顧客のつなぎ止めに苦戦しているとの懸念を再燃させかねい。850億ドル(約9兆3000億円)でのタイム・ワーナー買収は、顧客減少対策を意図したものだ。

Missed Call

AT&T's earnings missed the consensus estimate by the widest margin since 2008

Source: Bloomberg

Note: Comparable adjusted earnings per share is the reported value with extraordinary items factored out to make it similar to analysts' estimates

  AT&Tの加入者数は1-3月期に強弱まちまちで、かつて基盤だった特定の顧客層の減少は続いた。電話契約者数は2万2000人減少した一方、タブレットやスマートウオッチ、WiFiホットスポットの利用契約は4万9000件増えた。テレビ部門では、従来型の有料テレビ顧客は18万7000人減少したが、オンラインストリーミングサービスの「ディレクTVナウ」の契約者数は31万2000人増加した。

  売上高は3.4%減少し380億ドル。1-3月期の会計方針変更の影響を除いたベースでの比較可能な売上高は389億ドルとなり、アナリスト予想平均の394億ドルを下回った。

原題:AT&T’s Sluggish Sales Put More Pressure on Time Warner Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE