フェイスブック株急伸、決算で広告収入が過去最高

更新日時
  • 10-12月期に減少した北米ユーザー数は1-3月期に増加
  • モバイル広告は1-3月期に広告収入の91%を占める

Facebook

Photographer: Meg Roussos

米フェイスブックの1-3月(第1四半期)決算では、広告収入が過去最高に近い水準に達し、ユーザー数は増加していることが示された。

  25日の発表資料によると、1-3月期の売上高は前年同期比49%増の119億7000万ドル(約1兆3100億円)で、ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均の114億ドルを上回った。1日当たりのアクティブユーザー数は14億5000万人で、市場予想に一致した。株価は時間外取引で5%強上昇した。

  アプリ開発者が最大8700万人のユーザー個人情報を政治コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカに渡したとされる問題を受け、フェイスブックはここ1カ月は説明や謝罪、ルール見直しに時間を費やしてきた。この問題は「#deleteFacebook(フェイスブックを削除せよ)」というプロフィル削除の動きを招き、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は議会証言を行ったが、四半期末に向かう時期であったため、これまでのところ影響はほとんど目に見えていない可能性もある。それでも同社のこうした成長持続は、広告主やユーザー、議会の不安をよそにデジタル広告ビジネスが堅調であることを示している。

  RBCキャピタルマーケッツのアナリスト、マーク・マハニー氏は投資家向けメモで、「フェイスブックの前には、引き続き長期にわたって売上高を確保する道路が敷かれている」との見通しを示した。

  フェイスブックの主力ソーシャル・ネットワーク(SNS)での北米ユーザー数は昨年10-12月期に初めて減少したが、今年1-3月期には増加に転じた。米国とカナダの月間アクティブユーザー数は2億4100万人に増加し、1日当たりのアクティブユーザーは1-3月期に1億8500万人に増えた。

  1-3月期の純利益は、前年同期比63%増の49億9000万ドル。1株当たり利益は1.69ドルで、アナリスト予想平均の1.35ドルを上回った。セキュリティーとビデオコンテンツ、新技術への支出を増やしたため、設備投資額は28億1000万ドルに増加した。同社はまた、自社株買い戻しプログラムを90億ドル増額したと発表した。

  フェイスブックはモバイル広告でアルファベット傘下のグーグルと並んで圧倒的地位をなお維持しており、広告料金の引き上げも可能になっている。同社によると、モバイル広告は1-3月期に広告収入の91%を占め、前年同期の約85%から上昇した。同社は主力SNSのフェイスブック以外にも収益力を高め始めている事業が多く、チャットアプリのワッツアップやメッセンジャーのほか、写真共有アプリのインスタグラムはユーザー数が今年10億人に達する見通し。

原題:Facebook Sales Top Estimates, Fueled by Ads; Shares Jump (1)(抜粋)

(モバイル広告収入などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE