米フォード:1.3兆円の追加コスト削減計画、利益率目標前倒し達成へ

  • 2022年までに計255億ドルの節減を見込む
  • 2年前倒しで20年までに利益率8%目標を達成する見込み

フォード・モーターの1-3月(第1四半期)の調整後1株利益と自動車部門の売上高は共に市場予想を上回った。同社はまた、予定より早く利益率目標を達成するため一段とコスト削減に取り組み、向こう数年間で支出をさらに115億ドル(約1兆2600億円)減らすと表明した。

  ボブ・シャンクス最高財務責任者(CFO)は25日、同社は現在、2022年までに255億ドルを節減し、予定より2年早い20年までに利益率8%という目標を達成する見込みだと記者団に語った。

  フォードの1-3月期の調整後1株利益は43セント。アナリスト予想の平均は41セントだった。自動車部門の売上高は390億ドルに増加した。ブルームバーグが集計したアナリスト予想の平均は372億ドル。

  25日の米株式市場の時間外取引で、ニューヨーク時間午後4時22分(日本時間26日午前5時22分)現在、フォードの株価は0.5%高の11.17ドル。

Changing Lanes

As Ford's profitability in North America sagged, Fiat Chrysler's perked up

Source: Company filings

Note: Fiat Chrysler is scheduled to report Q1 2018 results Thursday.

原題:Ford CEO Plans $11.5 Billion More Cuts, Pulls Ahead Margin Goal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE