トルコ中銀:後期流動性金利を予想以上に引き上げ-リラ上昇

  • 後期流動性ウィンドウ金利を0.75ポイント引き上げ13.5%に
  • エコノミストは0.5ポイント利上げを予想していた

トルコ中央銀行は25日、今年初の利上げを発表した。利上げ幅は市場予想を上回り、通貨リラは上昇した。

  中銀は後期流動性ウィンドウ金利を0.75ポイント引き上げ13.5%とした。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値では0.5ポイント引き上げが見込まれていた。

  イスタンブール時間午後2時2分現在、リラは1%高の1ドル=4.0475リラ。

  リラは今年に入り全ての主要通貨に対して下落。中銀はインフレ抑制に苦戦している。3月のインフレ率は10.2%。昨年に比べ物価上昇は鈍化したものの、依然として中銀が目標とする5%の約2倍。

原題:Turkey Surprises With Bigger Rate Hike to Bolster Lira (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE