住友生命:国内外クレジット資産増へ、円債は商品販売次第-運用計画

住友生命保険は2018年度の運用計画で、社債やプロジェクトファイナンスなど収益性の高い国内外クレジット資産を中心に残高を増やす方針だ。新規資金は5000億円前後を想定している。松本巌上席執行役員兼運用企画部長が25日、記者説明した。

  ヘッジ外債は、ドル・円のヘッジコストが上昇しているため、ユーロなどの通貨に分散して投資する。米欧社債を中心に投資する外貨建ての事業債は信用リスクを取って利回り向上を図る。ドルが中心のオープン外債は、日米金利差の拡大を背景にドル・円が底堅い展開を見込む中、円高に振れた局面では積み増す。

  国内債券については、国内金利が低位で推移しているため、超長期債は抑制的に投資。販売する円建ての貯蓄性保険は予定利率が下がり超長期債でも十分賄えるため、販売商品に見合った増加を想定している。

  国内株は、底堅い景気・企業業績を背景に上昇基調を想定。株価が下落した局面では、買い持ちポジションを構築する。外国株式等については、ファンド形式で外国社債、プライベートエクイティ(PE)などへの投資を拡大。貸付金は減少を見込むものの、航空機ファイナンスやプロジェクトファイナンスに取り組み、収益性のある資産を積み増す。

2018年度の運用計画一覧(単位:億円)


国内債券外国債券ヘッジ外債オープン外債国内株式外国株式等
かんぽ減少増加増加横ばい横ばいN.A.
第一減少金利次第だが
増加の可能性低
為替次第で
増加見込み
減少減少見込みだが
株価次第
明安やや増加増加増加やや増加やや増加やや減少
住友増加増加増加増加横ばい増加
三井横ばい増加▲数百億円+2400以上横ばいN.A.
富国▲400+1100▲1100+2200▲100+400
大同横ばい増加増加増加

2018年度の予想一覧


国内金利
(%)
米国金利
(%)
日経平均
(円)
ダウ
(ドル)
ドル円
(円)
ユーロ円
(円)
かんぽ▲0.1ー0.4(0.1)2.6ー3.2(3.0)20000ー25000(23000)22000ー26000(25000)100ー120(110)130ー150(140)
第一0.00ー0.20(0.10)2.50ー3.50(2.80)20000ー28000(23000)23000ー29000(25000)100ー115(108)120ー150(135)
明安▲0.10ー0.20(0.10)2.30ー3.30(2.90)20000ー24000(23000)22000ー27000(25500)100ー118(110)125ー146(137)
住友▲0.10ー0.20(0.05)2.30ー3.30(2.80)19000ー27500(23500)21500ー28000(26000)100ー120(109)125ー150(140)
三井▲0.10ー0.20(0.10)2.80ー3.60(3.20)22500ー25000(23800)24200ー27800(26500)105ー115(110)130ー145(138)
富国▲0.10ー
0.15(0.05)
2.40ー3.20%(3.00)19000ー25000(23500)22000ー26500(25800)98ー116(110)125-145(136.5)
大同▲0.05ー0.15(0.05)2.2ー3.3(2.8)19500ー25000(23500)23000ー27500(26000)98ー118(112)120ー143(138)

※第一生命、明治安田生命、住友生命、富国生命、大同生命は18年度の想定レンジ(年度末)
※かんぽ生命、三井生命は19年3月末レンジ(3月末)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE