アリババ馬会長:中国など独自の半導体開発必要と強調-早大で講演

中国最大の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの馬雲(ジャック・マ)会長は25日、早稲田大学で行われた講演会で、ITやAI、IoTなどテクノロジーの鍵となる半導体技術について、中国などもこれからは独自開発に力を入れるべきだなどと促した。

早稲田大学で講演するアリババ・馬会長

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
  • ここ4年で5つのチップ会社に投資してきた、全く新しい時代だと思って投資してきた
  • チップビジネスが変わっている、クラウド時代で安価なチップが必要、内製化が必要だ
  • 競争ではなく、どこでもだれでもいつでも使えるように、世界にいろいろな恩恵をもたらすようにするためだ
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE