コンテンツにスキップする
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

韓国より北朝鮮にメリットか、朝鮮半島の平和実現なら

  • 韓国よりも北朝鮮に直ちに莫大な利益もたらされると識者
  • 平和条約締結と北朝鮮の経済開放にはなお大きなハードル
South Korean and U.S. soldiers stand guard next to the United Nations Command Military Armistice Commission (UNCMAC) conference buildings at the truce village of Panmunjom in the Demilitarized Zone (DMZ) in Paju, South Korea, on Wednesday, April 18, 2018. President Donald Trump told reporters Tuesday that the administration had “started talking to North Korea directly” and was discussing five potential sites for the unprecedented summit with North Korean leader Kim Jong Un.
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

朝鮮半島に平和がもたらされれば、既に先進国となっている韓国よりも、貧しく孤立した北朝鮮の方がはるかに大きな経済的メリットを受けそうだ。

  南北首脳会談を27日に控え、両国の敵対的関係の雪解けへの期待が高まっている。合意が成立すれば、韓国・文在寅大統領が提唱する「三大経済ベルト」構想の実現に道が開かれるほか、韓国企業はビジネス・投資機会を得られる可能性がある。ただ、韓国が享受する経済的恩恵は限定的なものにとどまりそうだ。
  
  ムーディーズ・インベスターズ・サービスでかつてシニアバイスプレジデントを務め、現在はニューヨークのコリア・ソサエティ会長であるト-マス・バーン氏は、「平和が実現すれば、韓国よりも北朝鮮に直ちに莫大な利益がもたらされるだろう。金正恩氏が和平を推し進めているのはこのためだ」と説明した。

  雪解けの兆候にもかかわらず、朝鮮戦争を正式に終結させる平和条約の締結と北朝鮮の経済開放には大きなハードルが残っている。文大統領は先週、南北首脳会談は道を開くだろうが、金委員長との非核化などの合意の履行は容易ではないとの見解を示した。南北首脳会談後に金委員長と会談する可能性があるトランプ大統領も、朝鮮半島の未来について黙っていられないだろう。

eco

  
  ただ、韓国のメリッツ証券のアナリストらは、今こそ「統一が実現した状況を想像し」、北朝鮮国内の投資機会に注目すべき時だと指摘。北朝鮮が将来開放すれば、輸送やインフラ、発電施設への投資ブームが起こり得るほか、統一後には北朝鮮から鉱物資源が安定的に供給されるだろうと、今月のリポートで分析した。
原題:Kim Jong Un’s Economy Would Benefit Most From Peace Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE