730兆円に膨らんだ中国家計債務-住宅ローンが次の標的か

  • 中国の家計債務は10年連続で増大-GDPの約50%相当に
  • 若い消費者が可処分所得を債務返済に充てる可能性高まる

中国の習近平国家主席が主導するレバレッジ解消で、次の標的となりそうなのが住宅ローンだ。

  不動産ブームを背景に中国の家計債務は10年連続で増大し6兆7000億ドル(約730兆円)と、国内総生産(GDP)の約50%に相当する記録的水準に達した。先進国の水準に近づきつつある家計債務は、消費者の購買力を損ねつつある。

出典:731

  レバレッジ解消の取り組みはこれまでシャドーバンキング(影の銀行)分野の行き過ぎや与信頼みの大型企業買収に焦点が絞られ、国内成長の安定に及ぼす影響は最小限だった。だが中国当局にとって今の課題は、急速な国内与信の伸びを落ち着かせることだ。

  住宅ローンの返済が膨らむことで家計の消費意欲が減退すれば、「消費主導型に中国経済をシフトさせようとする当局の取り組みに水を差しかねない」と、フィッチ・レーティングスのアナリスト、ジャック・ユアン、アンドルー・フェンネル両氏はリポートで指摘した。

China's Soaring Debt

Run-up in household indebtedness rivals anything in G-7

Source: Bank of International Settlements, shows total credit to households (core debt)

   中国人民銀行(中央銀行)のデータによれば、2017年末時点の住宅ローンは22兆9000億元(約396兆円)と、銀行など貸出機関が家計に対して持つ融資債権全体の半分以上を占める。

Leverage Breakdown

Residential mortgages take up more than half of China's household debt pile

Fitch Ratings, People's Bank of China

  モルガン・スタンレー・アジアの中国担当チーフエコノミスト、邢自強氏(香港在勤)は「これほど速いペースで家計の借り入れが増えるのを政策当局は容認できない。全体的な債務の伸びをコントロールするという目標に合致せず、レバレッジ解消策の効果を打ち消すためだ」と述べた。

  その上で「それが人民銀が幅広く金利を押し上げるとわれわれが考える理由だ」と説明、個人と企業のレバレッジ増大が生み出しつつある「金融リスクを封じ込める必要がある」と付け加えた。

原題:A $7 Trillion Debt Pile Looms Large Over Chinese Households (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE