中国は自動車電化で世界をリード、素早い適応力-トヨタ小林専務役員

From
  • 最も印象的なのはスピード感-中国事務所総代表務める小林氏
  • 「C-HR」と姉妹モデル「IZOA」発表-中国で今年発売

A Toyota Motor Corp. C-HR C sport utility vehicle (SUV) 

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

トヨタ自動車中国事務所総代表を務める小林一弘専務役員は、素早く適応する中国の才覚が、特に電化という新たな自動車のテクノロジーにおいて世界をリードする立場に中国を導いたとの認識を示した。

  小林氏は北京自動車ショー開幕前日の24日、新エネルギー車(NEV)規制強化の結果として生じた新エネルギー車へのシフトによって、中国には開発や自動運転、コネクテッドカーの分野で他国を追い抜く勢いがついたと述べた上で、最も印象的なのはスピード感だと語った。

  トヨタは中国市場で今年発売する小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C-HR」とその姉妹モデル「IZOA(イゾア)」を発表した。小林氏は、トヨタにとって急速に変化する環境が中国事業の成長をさらに加速するチャンスになるとも述べた。

原題:Toyota Says Electric-Vehicle Advances Give China Chance to Lead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE